1.jpg
 
 

バリ島では味わえないインドネシアの5つの魅力

インドネシアの観光地と聞くと、バリ島を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。一方で、首都ジャカルタはどちらかと言えば、駐在やビジネスのイメージが強く、観光地がなかなか思い浮かばない……なんて人も多いかと思います。

しかし実は、日本の約5倍の大きさを誇るインドネシア。バリ島では味わえない魅力がインドネシアには広がっています。

 

01.
「イスラム文化」を体感する

  病みつきになる甘さ「カヤトースト」

インドネシアは世界最大のイスラム教徒人口をかかえている国です。宗教の自由が認められていることから、バリ島ではバリ・ヒンズー教、一部の地域ではキリスト教を信仰していますが、人口の約85%がイスラム教徒です。

そんなインドネシアの首都ジャカルタには、東南アジア最大のモスク「イスティクラル」があります。そのスケールは圧倒的で、なんと東京ドームの2倍、約12万人を収容できる広さです。直径約45mにもなるドームも圧巻!

荘厳な内装と真摯にお祈りする人の姿を見ているだけで、全身で異文化を感じられるはずです。

 

02.
グルメ好きが集う
「スンダ料理」を堪能する

3.jpg

日本にも郷土料理があるように、インドネシアにも地域色溢れる郷土料理があります。インドネシア人の中でも美味しいとファンが多いのが「スンダ料理」です。

スンダ料理はジャワ島西部のスンダ地方の料理で、生野菜をたくさん食べることと、何百種類もあると言われる料理の種類の多さで知られています。

一般的なインドネシア料理に比べて、日本人の舌に合いやすい味付け。大抵の場合は、カウンターに野菜系、魚系、肉系などさまざまな料理がズラリと並べられていて、そこから選ぶスタイル。スンダ地方の中心都市バンドンには、週末にはインドネシア各地から、スンダ料理を食べに多くの人が訪れます。

 

03.
「今もっともアツい街」で
インドネシアの“今”を感じる

 鶏肉の旨味が染み込んだ「チキンライスボール」
5.jpg

そんなスンダ料理の美味しいバンドンは、インドネシアで三番目に大きな街であり、20以上の大学が集まる、学園都市でもあります。

若いエネルギーに溢れるバンドンは、今、インドネシアでもっともアツい街。北欧のような雰囲気が漂う人気のカフェ「Sydwic」をはじめ、おしゃれなカフェやバーが街中に誕生し“カフェ巡り”にはぴったり。またちょっと郊外へ行くと、大自然の中でのアクティビティやグランピング、温泉もあり、数日じゃ足りないくらいの魅力に溢れています。

バンドンはジャカルタから車で約3時間。ジャカルタ観光のついでに、スンダ料理、おしゃれなカフェやアクティビティーを楽しみにぜひ行ってみては?

 

04.
素朴で美しい「古都」で歴史に触れる

6.jpg

ジャワ島の南に位置する「ジョグジャカルタ」は、世界遺産ボロブドゥール遺跡がある、インドネシアの古都。18世紀に建てられた王宮は、現在でもスルタンの住居として使われており、王宮文化が色濃く残る街です。

ジャワ美術の最高傑作と言われるボロブドゥール遺跡、ヒンズー教と仏教が交錯したプランバナン遺跡、現在でも伝統舞踏などが行われている王宮など、ここでしか見ることのできない景色ばかりが広がっています。

 

05.
車が1台もない「魅惑の島」で
手付かずのビーチを堪能する

7.jpg

リゾート感溢れるバリ島ですが、ビーチの人混みが気になる、という人も多いのではないでしょうか。

そんな人にオススメしたいのが、ロンボク島に隣接する3つの小さな島「ギリ島」です。バリ島やロンボク島はリゾート開発が進み、観光客がたくさんいますが、まだまだ日本人が少ないのが、このギリ島です。

島には自動車が走っておらず、徒歩、馬車、自転車での移動になります。ビーチもまだ手付かずの場所が多く、バリ島のような忙しない感じが苦手な人にはぴったりです。

行き方はバリ島のパダン・バリという港からスピードボートで約1時間程。長期であればバリ島で少し遊ぶもよし、そのまますぐギリ島に行くもよしです。

 

直行便でインドネシアへ

いかがでしたか?バリ島以外にも魅力が盛りだくさんのインドネシア。エアアジアでは、ジャカルタとバリ島へ毎日直行便が出ています。ジャカルタの近くにはサウザンド・アイランドと呼ばれる島々も広がっており、インドネシアはどこへ行っても海も山もシティも充実しています。

手荷物は、機内持ち込みが基本のエアアジア。予約するときに、少しでも荷物が増えそうだな……と思ったら「バリュー・パック」で予約しておくのがオススメです。バリュー・パックは20kg以下の受託手荷物、機内食1食、スタンダード座席の指定ができるもので、出発当日にそれぞれを予約するよりも、断然お得になります。

少しでも荷物が多いかも、と思ったらぜひバリュー・パックで予約してみてください。